スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を褒めるということ

長い名前の必殺技

貼りつけた画像は今日の記事の内容と全く関係ありません。

今日は、人を褒めるのは難しいと言う話。
オチはないですよ。
何故「オチは無い」と前置きしないといけないブログになっちゃったんだっけ。。。???

料理を作り始めたきっかけは何ですか?
ともし聞かれたら、私の場合は漫画ですね。

ご飯すらまともに炊けない女性が、料理のイロハを学んで
簡単で美味しい料理を作る迄の過程を描いたストーリが
漫画化された本を買ったんです。それに感化されました。

いいなこれ。美味しそう。
これだったら私でも作れるんでね?
なんて思って、台所に立つようになったんです。

今じゃ、調味料は目分量で適当にホイサッサと入れていますが
その当時は素人さんだったので、きっちり計って入れておりました。

出来あがりは、自分で言うのも何ですが、美味しく出来ていたと思います。
(違いますから!今日はいつもの恐ろしい料理の話じゃありませんから!)

だって簡単に出来る料理だったんだもの。 カルボナーラとか。なすミート丼とか。

でもですね。それは、父のお口には合わなかったらしく、
私が夕飯を作ると必ず

「おいしいけれど、お母さんが作る方がやっぱり上手だよな」
と批評しました。
そんな批評 い・ら・ん ちゅーねん。

私が夕飯作る。→「お母さんの方がやっぱり上手だよな。」

何日かしてまた私が夕飯作る。→「お母さんの方がやっぱり上手だよな。」

再び私が夕飯を作る。→「お母さんの方がやっぱり上手だよな。」

悪気は無かったのかもしれませんが、
私の心の中に、得体の知れない、もやもやした黒い塊が。
はじめは小さかったのに、その内どんどん膨らんで大きくなっていきました。

もし、次に作った時に同じセリフを言われたら

ちゃぶ台ひっくり返し!!!  (ノ`m´)ノ ~┻━┻

という所まで来ていたんですよ。
でも、ある時気が付いたんです。弟の変化に。

彼が帰宅していつも辿るルートは
家に帰る→コーヒーを飲む→部屋に入って着替えて30分くつろぐ→風呂に入る

で、最後に「夕飯を食べる。」がお決まりコースだったんですよ。

それが、私が夕飯を作る時だけ
「あ、オレ、今飯食う。」
と全てをショートカットして、真っ先にご飯を食べ始めていたんです。
そして、残さず全部食べる and いつもより多めに料理を食べる。

美味しいとは一言も言わないんですが、お皿見ると分かりますよね。

まあ、結局、私の作る料理は父親にとって食べなれない洋風の物だったので
受け付けなかったという事だったのでしょうね。
もしかしたら、母親をヨイショしていたのかもしれません。

でも、あれは私にとって大きな境目だったと思います。
料理が好きになるか、嫌いになるかの。
はじめの一歩って結構大切ですよね。

うちの父親に限らず、人間というものはノーは簡単にいうのに
good!は中々言わないものですよね。

でも褒めると、人間はすごい力を発揮するんですよ。

分かっているんだけどな。分かっているのに、なんで言えないのでしょうね。
(身内だと特にね。)

banner_21.gif

激怒される話

友達に話すと激怒される話をしてもいいですか?

この話をするといつも大体
「そんな話だったら聞きたくなかった!!」ヽ(`Д´#)ノ  と怒られます。

ですから今日の記事は

アザラシ
で聞いてください。

今日の内容は最後まで読んだら絶対に私の友人と同じ状況に
なると思いますので、腹を立てたくなかったら
今日はここまでにしておいてくださいね。

一応忠告しておかないと。。


。。。。いいのですか?
最後まで読んだら絶対に怒りますよ?


これは以前、私がお勤めしていた会社の近くの
中華料理屋さんでお昼ご飯を食べていた時の
出来事です。


。。。。本当にこの先を読んでくれるんですか?
後悔しないですか?
じゃあ、約束してください。
怒って「明日はもう訪問しない!」って言わないでね。

では、続けます。
その中華料理屋さんは昼時でとても混雑していました。
私たちは4人で入ったのですが、
生憎3人席しか空席がありませんでした。
そこに椅子を1脚運び、キツキツの状態で座りました。

隣の席には女子高生が2人。
何やら、一方の女の子の家族の話をしています。

「うちにお姉ちゃんいるじゃん?」

「ああ。遊びに行った時見た。あの優しそうな感じの?」

「うん。私と違って、大人しそうでしょ?」

「なんか、同じ姉妹でも違うっぽいよね。」

「うん。家の親も私はマークしていたけど、お姉ちゃんは範疇外だったんだよね。」

「マークしてるって何よ。」

「だからさあ。私は色々やっちゃってるじゃん。
 夜中までセンター街にいて補導されたりとかさあ。
 学校行かずにフラフラしていたのがバレて、怒られたりとかさ。
 制服ちょっとアレンジしちゃって、親が呼び出しくらっちゃったりとかさあ。」

「あー。あったねえ。」

「近所でも上のお姉ちゃんは、いいお姉ちゃん。
 でも下の子は。で
 とおっていたのよ。
 すごく真面目で、勉強も出来て、親の言う事も聞いて。
 先生の覚えもめでたくて。
 私も ああ、この人は私とは違う種類の人なんだなあ
 って思っていたわけよ」

「お姉ちゃんはいい子だったんだね。」

「それがさあ、最近段々雲行きが怪しくなってきたんだよね。
 お姉ちゃんが変なのよ。
 夜中まで遊んで補導される? 甘い!甘い!
 学校行かない? そんなもんじゃない。
 制服アレンジ とかそういう問題じゃない。」

「えー。なによ。」

「最初は、家にお姉ちゃん宛てに、変な宅急便が色々届きはじめたんだよね。
 で、なんか服装がちょっとおかしくなりはじめてさ。
 ある日の夜中にガタガタと音がして目が覚めたら
 お姉ちゃんが出掛ける所だったのよ。 
 それで、
 お姉ちゃん何処へ行くの?って聞いたの。そしたらね。」






はい。これでこのお話は終わりです。
なぜって?
だってこの時、丁度ラーメンが出来あがって店員さんが
席まで持ってきたんですもの。

ラーメンセット。炒飯セット。などなど。

私たちは3人がけの席に無理やり座っていたので、
トレイに運ばれた、4人分の料理を
うまく机の上に乗せる為に、あれこれメンテナンスを
しなければならなかったんです。

私が友人に
「この話を最後まで聞けなかったのがすごく悔しい。
 尻切れトンボで終わってしまって、ものすごくストレスがたまる」
と話すと。


「それはこっちのセリフじゃ!ボゲェ!
 そんな話だったら最初からするな!!!」


とめちゃめちゃ怒られます。

私の友人の気持ち分かってくれました?
もしかして、今、怒ってます?

ストレスが溜まってくやしいアナタ。
この話を友人にして憂さを晴らして下さい。
でも、言っておきますが、間違いなく怒られますよ。

こうして不幸の連鎖を広めていく、私という人間性。

banner_21.gif

明日はちゃんと真面目な話をしますから。(多分)
見捨てないでぇ。

日本の持ち味

「オワター\(^o^)/ 饅頭みつけたよ。」
ハム速にのっていました。

オワター\(^o^)/

ケーキもかわいいです。


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 10:34:01.82 ID:VThvGVCxO

オワタのケーキ売ってる
1
オワタケーキ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 10:35:07.09 ID:ImX3uhBeO

何これ欲しい\(^o^)/

11 : [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 10:36:43.65 ID:vUP3k1phP

やっべえ超かわいいな

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 10:37:04.82 ID:0YcDcgvr0

相手がいないやつはクリスマスにこれを食えと

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 11:03:30.95 ID:QTNC/DMp0

誰か^p^←これのケーキも作ってよ!

108
よだれ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 11:15:08.80 ID:QTNC/DMp0

>>108
ちょwwwないすwww


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 11:16:50.11 ID:06Xwhp+zO

>>108
流血してるwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 12:10:30.22 ID:wUVpPHPs0

(^ω^ )空も飛べるはず…

空飛んだht="375" />

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 12:11:07.51 ID:o4CVrAg7O

オワタ 可愛いよ オワタ

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 12:12:54.60 ID:6w/vI84LO

まさかオワタに萌える日が来るとは…


208
なんだこれ

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 14:35:10.37 ID:HvZFAp9q0

>>208
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!


211
つり目

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 15:07:42.88 ID:1K+x1yZG0

ぴゃーwww

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 13:48:38.23 ID:h8sDJGzDO

保存したwww

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 16:44:59.11 ID:WaFhY3Fz0

ほらよ俺達用

おまいら用



2chの皆さんは色んな遊びを思い付きますな。

こんな記事紹介しちゃおうかな。↓


35 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/04(木) 22:00:04.45 ID:L3OC9u0j0

OLだった頃、会社で働いていた日本に超詳しいベルギー人が言ったことに納得してた。

日本文化は身内受けの凝り性文化だそう。
外国文化に負けまいとしているのではなく、
世に意図的にインパクトを与えようとしているのでもなく、
今ここにいる同じ価値観を共有する仲間からの喝采を浴びたいと考える。

その結果、同じものを志す者同士の「これすごいだろ、おもしろいだろ」合戦が始まり、
そこで生み出される物が自然と研ぎ澄まされていく。
でもその競争は、敵対的なものではなく、お互いを尊敬しあいながら、静かに深く進行していく。

そしてある日、偶然目撃した異文化出身の人間(外国人)から、
それがすごいものであることを知らされる。
ほとんどの日本人はその日が来るまで、自分たちが作り上げた物がすごいものとは知らない。

もろもろの伝統文化、芸能、電化製品、アニメ、他、みんな同じパターンで世界に広まっていった。
だから、日本がここまで発展してきたのも必然的なものだし、
この精神が衰えない限り、これからも日本は誰に頼まれることもなく、
知らないうちに勝手に世界にインパクトを与え続けていくだろうと。


そういった精神が脈々と受け継がれていく。
それが、日本人の持ち味だと私は思うんですよ。

banner_21.gif

かなえられた願い

子供の頃に欲しくて大人になってから手に入れたものってありますか?
小学生の頃は天体望遠鏡が欲しかったんですよ。

白鳥座

でも、余程高性能の物を購入しない限り、肉眼で見るのと大して変わらないですよね。
しっかり表面の状態を捉える事が出来るのは、月くらいのものでしょう。
それでも、いつか、白鳥座のくちばしの、金と青の2重星を望遠鏡で見てみたいです。

大人になって、手に入れて嬉しかったのはこの本です。

ふかふかうさぎ

「ふかふかうさぎ」

子供の頃に学級文庫にあった一冊でした。
大好きで大人になってからも忘れられずに、今一度読んでみたいと思っていたのですが
検索しても、「在庫なし、再販予定なし」と表示されて何度もガックシきてました。orz
んが、何年か前にようやく購入する事が出来たんです。

テンションあがりましたよー。星が好きになったのも、この本の影響が強いです。
小学三年生の私は、このうさぎと一緒に春、夏、秋、冬の全ての季節を堪能しました。

大人になって、金銭的に余裕が出来れば大抵の願望はクリア出来てしまうものなのですがね、
それでも、相手の意思に左右される場合は思うにまかせられなかったりします。

例えば、小説とか。

田中芳樹さんの「創竜伝」なんて続巻が出るのを首を
長ーーーーーくして、それこそ、キリンのように長くして待っていましたが、
今となっては待っていた事も忘れ果ててました。

創竜伝〈13〉噴火列島 (講談社ノベルス)創竜伝〈13〉噴火列島 (講談社ノベルス)
(2003/06)
田中 芳樹

商品詳細を見る


まあ、いいです。あれは10巻あたりから、話がグダグダでしたから。

そう言えば、どこかのブログで、冨樫 義博さんの「HUNTER×HUNTER」の
連載再開を心待ちにしていらっしゃる方がいるみたいですが、
来年の一月に本当に執筆再開されるといいですね。
クックック。

そうだ、大人になってかなえられた事のあとひとつ話をしてもいいですか?

昔、昔、ある男性俳優が、女優さんとトーク番組でこんな話をしていました。

「私、馬が大好き。特に仲良しの馬がいて、その馬の大好物をいつもあげていたの」

「にんじんですか?」

「いいえ。アイスクリーム。
その馬はね。アイスを食べるとものすごく喜んで
歯をむき出して笑うのよ。」

「それ。。。ひょっとして、笑っていたのではなく、
ひきつけ起こしていたんじゃないでしょうか?」

話を聞いていて、そう言えば、人間のひきつけ起こした所って見たことないな。
だから、馬が歯をむき出して笑っている(もしくはひきつけを起こしている)
場面など、一生見ることは出来ないんだろうな。。

って思っていたんですけどね。
偶然、動物画像を検索していて、思わぬ拾い物しちゃったんですよw
ちょっとうれしいかも。
これです。
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓


ひきつけ

banner_21.gif

おそらく、こんな顔だったのだろうなあ。
志村けんさんの顔にもちょっと似てるっていったら失礼ですか?

何歳まで信じてた?

サンタクロースを何歳迄信じていました?
The discovery
お願いですから「今日まで信じていたのに、今、夢が壊れた。」などと言わないでくださいね。

私は生れてからこのかた、一瞬もたりとも信じた事がありません。
懺悔しまくりですよ。なんて可愛げのない子供だったのでしょう。

上の絵は、ノーマン・ロックウェルの「The discovery」です。
引き出しの中からサンタクロースのコスチュームを見つけてびっくりしてますね。

日常のある一瞬を切り取って、ユーモアたっぷり、愛情たっぷりに描かれている
彼の作品はアメリカのみならず海外にも多くのファンがいらっしゃいます。
どの絵を見ても、ありそうな話を題材にしていて、ニヤニヤしてしまいます。

この男の子のように、私もサンタを信じていたかったなあ。
子供時代の大事な課目をひとつ落としてしまった気分です。

「サンタがいない」と普通の人はどうやって気付くのですか?

まわりの友達がうれしそうに、サンタの話をしたりすると
「私は真実を知っているのだ。
だが、しかし、これは多分口にしてはいけないことなのだ。」
と子供心に理解していて何も言いませんでした。

思えば本当に可愛くない子供でした。
例えばですね、3歳の頃の出来事だと記憶しているのですが、

親に叱られたか何かで泣いている私に、祖母が
「そんなに、泣いていると、怖いおじさんがmiwaちゃんを連れにくるよ!」
と脅かしました。

ポカーン (゜Д ゜) ですよ。

なぜならば、
「そんな怖いおじさんが、我が家に押し掛けてきても、
父親も母親も勝手に家に上がらせる訳がない。
しかも、たかが私のような小娘が泣いているくらいで、
わざわざやってくるはずがなかろう。」

と知っていたからなんですよ。
その延長線上にサンタがいました。(サンタごめん)
しかも、我が家に煙突ないし。

ああ。やり直したい。3歳からやり直したい。(色んな意味で)
今、ものすごく反省しています。
ですから、もう一度3歳からやり直させて下さぃぃぃ。

サンタクロースを信じるか信じないかで
クリスマスのキラキラ度が違っていたんだろうな。
ケーキやお菓子やツリーや装飾品やその他モロモロが期待度を高め、
プレゼントを持ってやってくるサンタさんがトリを飾ると。

残念無念。
気分はクリスマスキャロルのスクルージさんですよ。

ちなみにうちの甥っ子ちゃんは、去年サンタから
自転車をプレゼントされました。(財布は母)

弟談:「プレゼント貰った次の日にね、空に向かって


    サンタさん!ありがとう!!

    って叫んでたよ。」

banner_21.gif

子供はこうでなくちゃね。


ちょっと感動したあなた。
続きは見ない方がいいですよ。

続きを読む

プロフィール

MIWA

Author:MIWA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。